「心が強くて優しいリーダーを沢山育てる」をミッションに活動する・シリコンバレー教育研究会
By Kotaro Ono Follow | Public

当会は「心が強くて優しいリーダーを沢山育てる」をミッションに活動しております。

発起人の私自身、そのようなリーダーとしての理想の在り方を学び考え続け、成長を続けたいと考えております。

ところで「心が強くて優しいリーダー」とはどのような人なのか?
これは一人一人が定義していけば良いと考えていますが、
発起人は例えば以下のような人だと考えています。
・愛と感謝に満ち溢れた人
・多様な考えをニュートラルに受け容れることができる人
・相手によって態度を変えず、特に弱者や機会に恵まれない人に対して優しく接することができる人
・自分の人生を自分で決める人
・創造的な人
・感情のコントロールができる人

ミッションの遂行のための1つの取り組みとして
毎週ワクワク生きるキャリアセミナーをしています。
多様な方にご登壇いただいて、その方の現在だけでなく、
現在に至るまでの人生の重要な分岐点などについても
お話しいただきます。
Steve Jobsが伝説のスピーチで話したように、人は振り返れば
今の自分に大きな影響を与えたきっかけ(Dot)があります。
登壇された方のDotを振り返りながら、これまでどのような考え方を
してきたのか伺います。
そんな体験を通じて、参加者もご自身の人生を振り返り、今後
どうしたいのか?改めて深く考えるきっかけの場にしたいと
思っています。
また、当会では、心理的安全性をとても大切にしています。
これは馴れ合いの場にしたいのではなく、多様な人が
心を開いて学び合い、分かち合い、高め合える場にしたいのです。
そのためにコミュニケーションの基本ルールや
参加者に求める基本姿勢なども決めています。
もちろん、完璧にできているわけではないのですが、
気になることがあったら是非お伝えいただければと思います。

⭐️なぜ心が強くて優しいリーダーが沢山必要だと思うのか?
資本主義によって世界は物質的には豊かさの総量が急速に増えたかもしれません。しかし1人あたりの心の豊かさは増えたと言えるでしょうか?全ての人が等しく物心共に豊かになったと言えるでしょうか?
豊かになった人は、様々な努力を積み重ねてきた結果だと思います。素晴らしいことだと思います。それを否定はしません。
しかし、生まれ育った環境によって、人生が大きく左右される事実があります。例えば貧困が連鎖している事実があります。
自分が努力してきたことは大いに誇って良いと思います。でも、努力できるような環境に恵まれていたことを忘れてはいけないと思うのです。例えば教育熱心な家庭に生まれ、才能を信じて伸ばしてくれる人がまわりにいたのではないでしょうか。
世界には努力できるような環境に生まれ育っていない人が大勢います。
そんな人に手を差し伸べ、勇気づけ、自走できるまで支えてあげることができるようなリーダーが「心が強くて優しいリーダー」と考えており、今こそこの世界に必要だと私は考えています。

以上のような考えで当会を運営しております。
理念にご賛同いただける方は是非共に学び合い・分かち合い・高め合いましょう。
本peatix groupをフォローしていただく他、
facebook group: https://www.facebook.com/groups/svjeducation
も在りますのでご参加ください。

発起人の小野孝太郎自身が
なぜ心が強くて優しいリーダーを沢山育てるを人生のミッションにしたのか?
https://www.stentre.net/column/062/
に現在に至るまでを書いておりますのでよろしければご一読ください